ニューヨークを拠点に活動するブランディングとマーケティングを得意とするクリエイティブ集団 | NY City Index

インスタ投稿保存数爆上げ!たった4つの見直しポイント

2022年12月13日

投稿の保存数がなかなか伸びなくて困ってる人も多いと思いますが、そもそも保存される機能は「投稿を後で見直す便利な機能」として活用されています。つまり、価値がある有益な内容の投稿を作ることで保存される可能性は上がります。

今回は投稿の保存数を爆上げさせる簡単にできる4つの対策を紹介します。

1:投稿ジャンルの見直し

まずそもそもの「リーチ数」が低い投稿ジャンルを選択してないか疑うことです。需要が元々ない場所にどれだけ投稿をしても意味がありません。もし投稿ジャンルを分析して低すぎる場合は「投稿ジャンルの見直し」をするのをオススメします。具体的な方法は「インスタ内であなたが狙える投稿ジャンルを見つける方法3選」の記事で紹介しています。

もしどうしても投稿ジャンルが変えれない場合は「広告費」を出してリーチできる限りにリーチするのも1つの手です。特にインスタの広告は簡単に設定できるのでプロとは差が生まれますが初心者にも優しく、低コストで出来るので安心です。

2:有益な情報配信を絞る

フォロワーさんがあなたをフォローする理由は「私にとって有益な情報が貰える」ということを期待してのフォローですが、有益な情報は人によって異なるからこそ「情報を絞る」必要があります。

情報がこれだけ飽和化してる現代社会ではニッチな情報をユーザーは探している傾向があるのとSNS全体で受動的に情報を届ける傾向があります。受動的と言うことはSNSを運営する側もニッチな情報の方が正しく、その情報が欲しい人に届ける傾向があります。

今の段階でも有益じゃない情報はどれだけ関係性があってもノイズになってしまい、アンフォローされるきっかけになってしまう可能性もありますが、将来的にはさらにユーザーが増えて、ニッチな情報じゃない投稿をしてる場合は表示すらされなくなる可能性も大いにありです。

3:保存数が伸びた投稿を分析

今現在あなたが投稿した中でどのような投稿がインスタに好かれているのか知らずに保存数を増やすことなんて不可能です!

まずアカウントをビジネスアカウントに切り替えて、インサイト情報が見れる設定にしておきます。インサイト情報が見れることでどの投稿がリーチしているのか?保存されてるのか?コメントされているのか?など色々な情報が見れます。そこで保存数が一番伸びてる投稿を確認して「なぜ保存数が伸びたのか?」を徹底的に分析します。

もしかしたら投稿構成かもしれないし、プレゼント企画の効果かもしれないし、写真がよかったのかもしれないけど何かしら他の投稿にはない要素があったから保存数が伸びたのだから分析する価値はある。

4:イベントコンテンツを意識する

イベントコンテンツとはクリスマスや夏休みなど季節や時期に合わせたコンテンツのことです。

インスタに好かれる構成がわからない場合は「インスタ検索窓から去年のバズ投稿を参考にして投稿を作る」または」まとめ系のバズってる投稿の構成を参考に投稿を作る」と拡散されやすい投稿構成が作れる傾向があります。真似をするのは苦手って人も多いですが、オリジナルで攻めるよりもインスタに好かれる投稿を作ることが成功につながりますし、パクリまくった先にオリジナルがあるのでまずは構成をパクってください。

どれも基本的なことだけど、保存数が取れない悩みを抱えているインスタ迷子の人たちはこれらを再度意識して保存数が取れる投稿を作ってみよう!

この記事を書いたのは、

ニューヨークと日本に拠点にブランディングとマーケティングの仕事をしている「NY City Index」代表、小さなニューヨーカーことKeiです。影響力が持てない人の”強み”と”目的”を再設計する人。インスタでは“インスタ迷子の最後の砦“として結構良い投稿しています。詳しい自己紹介はこちら




TOP