ニューヨークにあるWebコンテンツ制作会社

誰でも出来るゼロから「稼げるアイディア」を生み出す基本的な見つけ方

2020年4月27日

どうも、ニューヨーク在住のKei(@nycityindex)です。

「自分の力で稼ぎたい」と思ったら、まず何が必要でしょうか?お金?人脈?経験?色々あると思いますが、僕は「アイディア」だと思います。アイディアが世間に対して需要がなければ、どれだけ良い物を作っても売れません。だけど、アイディアを作ったことない人が急に「アイディアを出せ!」と言われても難しいと思います。

そんな方に誰でも出来るゼロから「稼げるアイディア」を生み出す基本的な見つけ方を今回は教えたいと思います。

==============

1:アイディアが何から生まれるのか?
2:アイディアを見つける習慣作り
3:トレンドを見る習慣を作る
4:稼げるアイディアに「面」と「点」がある
5:今、その「アイディア」を形に出来る方法を考える

==============

この5つのポイントをしっかり抑えれば「稼げるアイディア」を考えるスキルが身につくだけでなく、今後もアフターコロナのように時代が変わった際にも役に立つスキルなので身につけましょう!

1:アイディアが何から生まれるのか?

そもそも、アイディアとはなんでしょうか?アイディアとは物事の計画・実行などにあたっての新しい工夫や思いつき、考えのことを言います。つまり、アイディアとはまだ形には出来てないけど、頭の中にある「自分だけが知ってる考え」のことを言い、これは別の言い方とすると人間が考えつくアイディアは「頭の中のある価値観」の中でしか見つからないことを意味します。

次に世界中で生まれている「稼げるアイディア」を生み出した人の「頭の中の価値観」はどうでしょうか?多くの面白いアイディアは様々な経験が重なって生まれた場合が多いです。例えばソフトバンクの顔で有名な「孫正義」さんの場合はアメリカの大学に留学した孫さんは卒業後に1日に5分しか自分の時間が作れない中で毎日1つのアイディアを考えていたらしい。その数、1年で250以上。なぜ、孫さんはそんなにアイディアが思い浮かんだのでしょうか?

それはアイディアは多様なる価値観から生まれるからです。

これは自分自身ニューヨークに住んでいるからこそ体感できることですが、他文化交流や第二言語の習得など今まで日本に住んでるときには体験できなかったことを体験すると人間の頭は「固定概念」からどんどん外れていきます。例えば簡単な例だと日本に住んでる人で「黒人が怖い」と外見やメディアの影響で思う人がいますが、普通に仲良くなると「肌の色なんて関係ないじゃん!」という考えに変わり、彼らの文化から学ぶこともたくさんあります。ニューヨーカーの友達の例でいうと、彼らにとってHipHopとは?と聞くと面白い歴史を色々聞けます。そんな雑談からアイディアを生むための「材料」が手に入ります。

ここからは料理を想像してください。食材はたくさんあったほうが料理のバリーションは増えませんか?アイディアも同じです。アイディアを生むための「材料」となる「多様な価値観(経験)」がたくさんあれば、自分だけしか作れない「オリジナルのアイディア」を作れる確率は上がります。なので、あなたが1番はじめにやらないといけないのはアイディアを生むための「材料」となる「新しい経験」をすることです。

では、「新しい経験」はどうやって見つけるのでしょうか?

アイディアのネタは「毎日の選択を変える」ことから生まれる

僕たちは「何も考えないで生きてる」ことが多いです。例えば歩くとに「右、左、右、左、、、」なんて考えて歩いてないですよね。それと同じで多くの決断は何も考えないで「習慣」として「行動」に出ています。歩くのは極端すぎなので、何か食べ物を食べる時をイメージするとわかりやすいです。いつものよく行くレストランに行ったら、何を頼みますか?だいたい毎回オーダーする料理を頼みませんか?中々別の料理に挑戦する人は少ないはずです。

理由は過去に体験したことだからこそ「安心感」がそこにあるからです。

ですが、この安心感こそアイディアを生む「材料」を殺している敵です。確かに安心感があるし、ミスをしたくない人間の本能から選んでしまうのもわかりますが、もしかしたら別の料理を食べたことで見つかる「材料」もあるかもしれないです。「いや、このレストランはこれが一番うまい!」と言う人がいますが、それは全部のメニューを食べた経験がある人しか言えません。なので、僕の場合は毎回同じ食べ物は食べないで、逆にレビューが悪い料理をオーダーしたり、レストランを選ぶ時もワザとレビューが悪いレストランを選んだりします。だけど、そう言うレストランの方が美味しかったりしますし、ニューヨークにも知られてない美味いレストランはたくさんあります。

本当なら海外に旅行に行ったり、移住するのが一番環境をガラッと変えるにはいいのですが、様々な問題で実現できない時は、今すぐ出来ることで「アイディアの材料」を探すきっかけを毎日の生活から見つけるのがオススメです。なので、まずは小さな変化からでいいので、毎日の選択を変えてみると何か新しい「材料」が見つかるかもしれませんよ。

世の中の「トレンド」を見る習慣を作る

次に大切なのが、世の中の人が何に興味を持っているのか調査する癖をつけることです。もしアイディアが生まれたとしても、その材料は腐っている可能性があります。例えばアフターコロナの世界では海外旅行に行く人は数年は増えませんが、このタイミングで旅行業のアイディアを思いついても、成功する可能性は限りなくゼロに近いです。理由は海外旅行に関する価値が、今の現状を考えて「不必要な物=トレンドではない物」だからです。

逆にオンラインで楽しめる「オンライン動画配信サービス」や「SNS」に関するアイディアはトレンドにもピッタリなので「稼げるアイディア」になる可能性もあります。ですが、「コロナショックで家にいるからオンラインサービスのアイディアは当たる」と安易に考えてはダメです。大切なのはトレンドに含まれている考えたアイディアに需要があるか、ないか調べることです。

例えば最近Youtube Liveを見ていると質問がたくさんくる中で、投げ銭をした視聴者の質問だけを中心に答えている配信者が増えたように感じます。僕が見ているYoutubeチャンネルが勉強系なのもあるのかもしれないですが、その場でお金を払えば「悩みの答え」が聞けるのは時代が変わったなと感じました。今までは教科書のように動画や記事を作って、「あとは教科書見ながら頑張って!」と言うスタイルが、今では学校のように教科書は事前に手元にあって、わからなことはリアルタイムで先生に聞くみたいな形に変わりつつある。つまり、無駄に時間をかけて答えを探すのではなく、信頼できる人にお金を払って、答えを聞く人が増えているのを最近よく感じる。

なので、世の中のトレンドが動画だからと答えもない「面白い」だけのコンテンツ動画をとりあえず毎日作って、広告費を稼ごうと考えている人はよっぽどじゃないのアイディアじゃないと当たらない。それよりも少なくてもいいから「自分の価値」を知ってくれる人を増やして、彼らが今のトレンドの時代に何を求めているのかを調査して、アイディアを考えた方が「稼げるアイディア」になる可能性はめちゃくちゃ高い。

稼げるアイディアに「面」と「点」がある

稼げるアイディアが頭の中で見つかったら次に「面」と「点」が存在するかチェックしましょう。「面」とはサービスを利用する見込み客のボリューム、そして、「点」とは見込み客がお金を落とす場所のことを言います。

例えばこの記事で紹介した「マスクを紹介するブログ」は確かに需要はあるので、見込み客は現在の世界的なマスクの在庫切れの状態から想像しても大きなマーケットなのは間違い無いです。ですが、その彼らを集めてからお金に変える「点」がなければ「稼げるアイディア」にはなりません。それはフォロワーだけ多い、稼げてないインフルエンサーと同じです。

ですが、この記事で紹介したように楽天アフィリエイトやAmazonアフィリエイトなどの収益モデルと繋げたり、将来的なブランド展開のための集客メディアなど別に「点」が存在してるなら問題ありませんが、「点」が無い状態で「面」だけを見ていると、想像してるゴールには到着しません。

大切なことなので、もう1度いいますが「稼げるアイディア」には必ず「面」と「点」の2つが存在します。

逆に「面」が狭い「ニッチ層」に対してのアイディアを作る人もいますが、その場合はそのニッチ層に対しての「材料(経験)」がたくさん持ってないと深い話は出来ないので「材料」をたくさん持っているかチェックしましょう。ニッチな層はマニアが多い分、的外れなアイディアや相当変わった角度から提案されたアイディア以外は全く響かない可能性が高いので、ご注意を。

今、その「アイディア」を形に出来る方法を考える

この4つのステップが終わる頃には「稼げるアイディア」が生まれているのですが、最後の難関はどうすれば、そのアイディアを「実現可能なアイディア」に出来るか考えることです。例えば僕はプログラマーじゃ無いので、プログラムを書くことはできません。なので、インターネットで色々調べて、落ちているソースをコピーして、少しカスタマイズして、アイディアを形にしています。本当ならアイディアをベストな形で表現するイメージは出来ていますが、プログラマーじゃ無い僕にはシステムを書くこともできないし、彼らに依頼するようなお金も無いです。

大切なのはイメージしたものを正確に作るのではなく、今の自分でも形に出来る方法を妥協したり、違うアイディア(材料)を足して、新しいアイディアに変えたりして、頭の中で作った「稼げるアイディア」をどうすれば現実に作ることが出来るのかを考えます。

自分の周りには完璧主義者が多く、「中途半端に世の中に発表したくない」と言う人がいますが、これだけスピードが早い時代に数ヶ月寝かすだけでもトレンドが変わると言われている世界で、時間がかかるアイディアはよっぽど未来的なアイディアでない限り、準備をしている間にトレンドが終わってしまう可能性の方が高いです。

大切なのは今の自分のスキルや人脈や持ち物で、頭の中の「稼げるアイディア」を実際に形にすることです。

ですが、それも「稼げるアイディア」だからやる意味があります。稼げないアイディアをどれだけ形にしても「自己満足」で終わってしまいます。だからこそ、はじめに紹介した(1)から(4)までの手順で「稼げるアイディア」を作ることがまずは大切です。ですが、「稼げるアイディア」を思いつくためには「材料」が必要なので、ゼロからアイディア作りを勉強したい人はまずは「材料」を手に入れるために小さなことでもいいので「毎日の選択を変える」ことから初めてみましょう。

その小さな選択の変化が、未来の自分のアイディアの「材料」になります。

是非今から「稼げるアイディア」を考えたい人は、この記事を参考にアイディアを考える練習をしてください!



弊社が運営するFacebookファンページ「【マーケットの種】研究所」


弊社が運営するFacebookファンページを活用した無料オンラインスクール「マーケットの種の見つけ方」は総合計5万フォロワー以上を抱えるまでに至った経験を誰でも再現できる状態に落とした「フォロワーを1万人以上集めるSNS基礎知識」を6ヶ月でオンラインで学べる無料オンラインスクールです。この無料オンラインスクールを作った理由は「オンラインスクール「マーケットの種の見つけ方」について」をご確認ください。

このFacebookファンページでは最新のアイディア作りや情報映えSNS運営に関する最新情報配信(毎日)と週に2回Facebook上で無料ライブオンライン授業(ライブ配信)を通じて1人で勉強するスタイルになり、このFacebookファンページでシェアされている情報の基本的な基礎知識は「教材資料一覧」で紹介しています。この「教材資料一覧」を必ず目を通してからFacebookファンページにご参加ください。

また、「アイディア作りとかしたことないから不安」と言う方もいるかもしれませんが、アイディアの作り方は小学校で勉強を学んだように「アイディアを作る基本の型」が存在します。弊社ではオンラインスクールの勉強にしっかりついてきてもらうために参加前に「アイディアを作る基本の型」と「アイディアをSNSでお金に変える運営術の基本の型」を学ぶことができる教材を無料で「教材資料一覧」で提供していますので参考にしてください。


無料オンラインスクール「マーケットの種の見つけ方」の3つの教育方法

この「マーケットの種の見つけ方」の無料オンラインスクールは基本「Facebookファンページ」を利用しているため、コミュニティーに参加される場合はFacebookアカウントが必須になります。また、先ほども書きましたが、このFacebookファンページは最新のアイディア作りや情報映えSNS運営に関する最新情報配信(毎日)と週に2回Facebook上で無料ライブオンライン授業(ライブ配信)を配信する授業するスタイルになるため、このFacebookファンページに参加される前に「教材資料一覧」にて授業に参加する上での基礎知識を必ず読んでください。この基礎内容が理解さしていないとオンライン授業の内容が理解できない場合があります。

また、毎週配信しているライブ配信では「フォロワーを1万人以上集めるSNS基礎知識」として必要な「アイディア作り」または「SNS運営方法」に関係する記事内容を初心者の人でもわかりやすくライブ配信で解説し、このライブ配信とは別に毎週1回「プロのブレインストーミングライブ配信」を配信します。このライブ配信動画はFacebookファンページにもシェアしますが、数日で削除させていただきます。もしアーカイブが見たい方は「有料オンラインサービス」にて閲覧が可能ですので、そちらをご確認ください。

Facebookファンページでの更新内容としては毎日弊社代表のKeiが毎週1回更新している「フォロワーを1万人以上集めるSNS基礎知識」として必要な「アイディア作り」または「SNS運営方法」に関係する記事内容を初心者の人でもわかりやすくライブ配信で解説し、このライブ配信とは別に毎週1回「プロのブレインストーミングライブ配信」を配信します。このライブ配信動画はFacebookファンページにもシェアしますが、数日で削除させていただきます。もしアーカイブが見たい方は「有料オンラインサービス」にて閲覧が可能ですので、そちらをご確認ください。

また、弊社が開催しているセミナーで優先予約または割引が出来る場合に限り、優先的にご招待します。セミナーに関する詳細はFacebookファンページにて紹介しますので、ご参加して、チェックしてください。

  • 1:ゼロから学べる教材あり
  • 2:基礎スキル習得に必要な情報紹介(毎日配信)
  • 3:無料オンライン配信Liveあり(毎週配信)
  • 3:セミナー優先予約&割引あり

詳細を読む


トップへ戻る

【取引先一覧】クライアントの声