「情報映え」のSNSアカウントを育成するために必要な3つの要素

2020年4月27日

(前回の記事:SNS運営で価値を売り込むアカウントを運営する上でまず理解するべき「もう1人の自分」の存在

どうも、ニューヨーク在住のKei(@nycityindex)です。

前回は「SNSの自分」の影響力が「オフラインの自分」に強く影響することを紹介しました。まだ読まれてない方はそちらの記事を読んでからこの記事を読んでください。

この記事ではSNSを本気で取り組む際の心構えについて紹介しますが、その前に自分がどれくらい影響のあるSNSインフルエンサーか知りたい人は「@smallnycer」のアカウントをみてください。こちらのアカウントについて少しだけ紹介します。

このアカウントでは2019年2月から現時点(10月)まででフォロワー数は22,000人を超え、2019年8月のインプレッションは最高4400万(東京ドーム5,5万人)を記録しました。

「有名なれば一気にフォロワー増えていいな〜。。。」という人がいますが、この時点でも1日長い時で15時間、短い時でも10時間はtwitterを触っていました。今でも平気で5-10時間毎日触っています。

これだけ毎日SNSを触っているのは僕だけではありません。自分の周りにいる影響力のあるインフルエンサーたちは同じくらいSNSを触っている人ばかりです。なぜそんなに長い時間SNSを触らないといけないのか?この記事では自分自身の体験と周りにいるインフルエンサーの声を参考に「ゼロからSNSを本気で取り組みたい人にSNSを無計画で触る前に知ってほしいインフルエンサーになるための現実的な険しい道のり」を紹介します。

【影響力のあるインフルエンサーになるための3か条】

僕の周りでも「どうやったらKeiさんみたいなインフルエンサーになれますか?」と聞かれることがありますが、コピー&ペーストでインフルエンサーになれるなら世の中インフルエンサーだらけです。もしお金があるならインスタ映えする場所に行き写真を撮ればインフルエンサーになれるかもしれないですがそれは前の記事でも書いた通り廃れるのが早いインフルエンサーです。

これかの時代ならないといけないインフルエンサーは「情報映え」しているインフルエンサーです。

この「情報映え」する影響力のあインフルエンサーになるためには「3つのルール」を覚えておかないといけません。

=============

1:SNSを更新する時間を毎日確保する
2:配信内容に専門性を持たせる
3:何も反応がなくても続ける気持ち

=============

この3つは必ず「情報映え」するインフルエンサーになるためには通らないといけない道なので、然り読み込んでください。

1:SNSを更新する時間を毎日確保する

例えば短期間で英語を話せるようになりたかったら合計1000時間必要と言われており、短期間で習得するためには毎日英語の勉強を何時間もし続けないといけません。これは英語だけでなく、どのスキルを習得するのも同じようにようにスキル習得には時間がかかります。もちろん、「情報映え」するSNSアカウントを育成するにも同様、毎日数時間のSNSを触ることは必須です。

もちろんSNSを触るだけではなく、「フォロワーさんはどんな役に立つ情報が欲しいのか?」「どうすれば彼らにこの情報を届けることができるのか?」を毎日考えながら、ABテスト→結果分析→改善の作業をしながら触らないといけません。

「え?SNSの運営ってそんなに大変なの?」とクライアントに聞かれることもありますが、ただ何も考えないで自社サービスを投稿するだけなら1日数分の簡単な作業ですが、影響力のある「情報映え」するSNSアカウントを運営したいなら先ほど紹介した運営方法をしなければ100%フォロワーは増えません。

では、実際に影響力のあるSNSアカウントに育成するにはどれくらいSNSを触らないといけないのか?を自分の@smallnycerのアカウントを例に紹介します。

2019年で1番力を入れたのはSNSアカウントがa href=”http://twitter.com/smallnycer” rel=”noopener” target=”_blank”>@smallnycerのアカウントでした。特に力を入れていた時期は2019年6月の時期で1日10-15時間毎日twitterを更新していました。それこそシャワーを浴びながらツイートをしたり、朝4時に起きてすぐに話題に上がっている「ニューヨーク」に関係する情報をリサーチ(大体2時間)したりと「これぞツイ廃(ツイッター廃人)」という生活をしていました。

そしてツイートする前に類似の影響力のあるtwitterアカウントのバズツイートを解析して、その解析データからABテストをしながら試行錯誤し、1日約10-15ツイート(1つのツイートを作るのに1時間から2時間)を毎日続け、その結果6月は1ヶ月でフォロワーが2000人ほど増えました。

このように影響力を持つSNSアカウントを運営するには毎日数時間触る時間を確保する必要が絶対必要になります。

2:配信内容に専門性を持たせる

「毎日数時間もSNSを触る時間を取りましょう」と今から影響力があるSNSアカウントを育成したい人に伝えると日常生活で起こったことをひたすら投稿する人がいますが、もしあなたが芸能人なら第三者はあなたの私生活に興味がありますが、あなたが一般の人の場合はあなたの日常生活に第三者が興味を持つ可能性はゼロに近いです。

つまり、誰もまだあなたの存在を知らないのでまずは第三者に「あなたが何者なのか」を認知してもらう必要があります。

これは物を売ったり、サービスを提供する場合でも同じですが【認知】→【行動(購入や利用)】になります。なので、まずはあなたが何者か認知してもらうためにどんなジャンルでもいいからアカウントに対して何か専門性を持つ必要があります。それもニッチな専門性であるほど第三者からあなたの何者なのかはっきり伝えることが出来ます。

「ターゲットを狭くするのは怖いな…」という人もますが、今の時代誰もがSNSアカウントを持っている時代です。そんな大量に配信者がいる中で広い範囲のターゲット選定はマイナス要素しかありません。

=============

A君:ニューヨーク留学生活の情報を投稿
B君:英語力ゼロの僕がニューヨークで生活する上で必要な英単語と言い回しを投稿

=============

上のA君とB君の投稿内容をみてください。どちらの方が具体的な投稿が見えるでしょうか?もちろん「B君」ですよね。このように配信内容に具体性を持つことが大切です。これについては「」のnoteでまとめていますので、興味がある人はそちらも合わせてお読みください。

もう少しわかりやすいようにするために僕のインスタグラムの垢(@smallnycer)のターゲットと配信内容を紹介します。

==========================

ターゲット:ニューヨークに初めて旅行に来るインスタ好き
配信内容:ニューヨークのインスタ映えスポットとプチ情報をシェア

==========================

インスタグラムで「ニューヨーク旅行」の情報を投稿しているアカウントは多いですが、H○Sさんの公式アカウントを見るとニューヨークの綺麗な写真をアップしますが、これでは「オリジナル性」は表現できません。

僕の場合はニューヨークのインスタ映えする写真を投稿している女性に直接連絡を取って、写真の使用許可を取った上で自分自身が運営しているアカウントに毎日投稿しています。このマーケティングによって自分のインスタグラムのアカウントの投稿写真一覧は第三者が撮影したニューヨークでインスタ映えする写真スポットのみが投稿され、今からニューヨークに旅行に行く人がインスタ映えスポットを探すときに簡単に調べれるようにしました。

このように「他のアカウントとの違い=専門性」を作ることで「情報映え」してフォロワーが自動的に増えていきます。

3:何も反応がなくても続ける気持ち

ほとんどのインフルエンサーが初めから影響力を持っていたわけではなく、反応が全くない時期も当たり前にあります。

もちろん僕にもそんな時期はありましたが、先ほども書いたように今の時代誰もがSNSアカウントを運営してる時代だからこそ、配信内容に専門性を持たせて配信し、彼らに届くまで配信し続けるしかありません。

その理由はSNS上には毎日様々なジャンルの情報が垂れ流し状態でシェアされている背景があります。

数十年前までは多くの人が12チャンネルのテレビチャンネルから情報をインプットし、隙間時間の朝と夜にテレビを見て、そこで知った情報を学校や職場で話す時代でした。なぜなら当時はもちろんスマホもない時代なので隙間時間に新しい情報をインプットしたくてもできないことから、毎日テレビで目にする有名人が必然的に影響力を持つことができる時代でした。

ですが、今の時代はSNSやYoutubeなど無限にチャンネルがあるだけでなく、スマホの登場によって隙間時間に新しい情報をインプットするのも簡単な時代に変わりました。

つまり、昔なら数日テレビ番組に出なくても影響力にそれほど影響はなかったものが、SNSがこれだけ普及し、様々なジャンルのインフルエンサーが生まれた今の時代では数日投稿がなければフォロワーの頭の中から消えてしまうアカウントがほとんどです。なので、影響力があるSNSアカウントを運営したいなら(1)(2)をしっかり考えた上で反応が全くなくても毎日考えながら投稿を続けるしかありません。

この記事で紹介した「3つのルール」は情報映えするSNSアカウントを運営してる人なら必ず通る道。よくこの3つの話をすると「頭がいたい」と言う人がいますが、これが影響力のあるSNSを運営するために必要な現実的な話です。

これら3つを乗り越えた人だけがSNSでインフルエンサーになることが出来ますので、今から情報映えするインフルエンサーになろうという方はまずはこの3つのルールだけを意識してSNSを運営してみてください。

次回の記事は「あなたの価値を求めているターゲットとあなたのコンテンツに合うSNSサービスの見つけ方」を紹介しますので、この「3つのルール」を理解した人は次の記事を読んでください。



トップへ戻る

【過去取引先一覧】クライアントの声