ニューヨークを拠点に活動するブランディングとマーケティングを得意とするクリエイティブ集団 | NY City Index

インスタグラムの1枚目の投稿画像は写真と動画を組み合わせた方が良い理由

2021年1月11日

インスタグラムを運用する上であなたの投稿を発見した人は投稿を端から端まで見てるでしょうか?インサイト情報を見ればわかりますが、投稿がフィードにたまたま流れて目にした人とその投稿を端から端まで見てる割合は半分以下です。

つまり、1枚目の投稿写真(もしくは動画)が興味を惹かなければ作り込んだ投稿は見られることはありません。

さらに時代の流れも「画像」から「動画」が主流になりましたが、動画だとフィードに表示される画像が映えてないからクリック率が下がるという懸念もあります。弊社では「情報映え」を謳ってますが、「インスタ映え」する反応率が高い投稿画像を作るのは大前提での話です。

この記事では画像を写真と動画を組み合わせた方が良い詳しい理由と実際に弊社が使っている画像を写真と動画を組み合わせることができるアプリについて紹介します。

インスタグラムの1枚目の投稿画像を写真と動画を組み合わせた方が良い2つの理由

  • 1:動画投稿を使ってフォロワーの目を止める
  • 2:滞在時間が長くなるとフォロワーに届く確率が上がる

インスタグラムの投稿の1枚目を写真と動画を組み合わせた動画したほうが良い理由は「人間の心理的な部分」「インスタグラムのアルコリズム」の2つに理由があります。

この写真と動画を組み合わせた動画を投稿の1枚目に使うのはどんなジャンルでも有効なので是非取り入れてください。

1:動画投稿を使ってフォロワーの目を止める

普段、あなた自身がインスタグラムを眺めているときはどんな感じでインスタグラムを触っていますか?だいたいの人がフォローしてる人の投稿をスクロールして眺めながら、ストーリーを見て…のようなルーティンがあるはずですが、このルーティーンの中で手が止まってしまう投稿には必ず法則があります。

目に止まる投稿には3つのパターンに分けることができ、1つが他のアカウントには無い「インスタ映え」する目が止まる撮影技術のある投稿、2つ目はキャッチコピーやデザインなどのスキルが優れている投稿、最後はデザイン性などではなく、動画内で話してる内容に興味ある投稿のどれかです。

(1)(2)はセンスやスキルが必要になるため再現性が難しいので解説しませんが、最後の(3)はターゲットが明確になっていて、配信する情報が決まっていればスマホ1つで誰でも動画を撮影することが出来ます。

インスタグラムを覗いてる人の多くは集中して眺めているというよりかは時間つぶしで眺めている人が多いからこそ、画像を作り込むスキルや撮影センスがある人でない限り、時間とお金をかけても対価は小さいですが、ターゲットが求めている情報を動画にすることを毎日続ければ必然とフォロワーは増えて、コメントやイイネなどのアクション率も上がります。

2:滞在時間が長くなるとフォロワーに届く確率が上がる

インスタグラムにはアルコリズムが存在しており、仮にあなたが100人フォローをしていたとしても100人全員の投稿があなたのインスタグラムのフィード部分に表示されることはありません。このフィードに表示されるのは「日頃から関係性があるアカウント」になります。

例えば毎回投稿にイイネを押しているアカウントがあればインスタグラム側は「このアカウントに興味ある」と判断して、フィードの一覧に表示されやすくなります。そして、実はイイネやコメント以外にもトップページに表示させる判断基準があるんです。それが「投稿への滞在時間」です。

今までにインスタグを立ち上げて、「あ、この投稿気になる」と立ち止まって、本文を読んだり、スワイプして別の画像を見たりしたことはありませんか?あの立ち止まって情報を読んでる時間が「投稿への滞在時間」です。つまり、イイネやコメントがなくても立ち止まって動画を見ている時間が長ければインスタグラム側からは興味があると判断されて、フォロワーさんのトップに投稿が乗りやすくなるって仕組みです。

なので、写真だと数秒でスクロールされてしまう可能性がありますが、フォロワーさんが興味を持つ内容の動画なら最後まで見てもらえる可能性は大いにあります。そして、この投稿の滞在時間は人気投稿に掲載される投稿を決める判断要素の1つとしても使われているので、滞在時間が長くなればなるだけハッシュタグや発見からあなたのアカウントを見つける人が増える可能性があります。

ですが、1つ問題なのが投稿をする際は「投稿内容」と「フィード一覧の見え方」の2つを意識しないといけません。

例えばレストランでご飯を食べたレビューを動画で紹介したいなら、動画では料理の説明をするのですが、動画をそのまま使うと一覧部分には動画の一番初めの部分が切り取られた画像が貼られてしまいます。投稿動画の内容が良くても、一覧部分に並ぶ画像が目に付かないと人は興味を持ちません。そこで興味を持たせる為に「フィード一覧で見せたい写真」と「動画」を組み合わせた動画を投稿で使うのがオススメです。

最後に画像を写真と動画を組み合わせることができるアプリ「FilmStory」を紹介します。

「FilmStory」を使ってインスタグラムの投稿動画を作る

「FilmStory」のアプリ立ち上げと使い方の説明をしている写真

動画と写真を繋げる編集アプリ「FilmStory」はスマホがあれば誰でも無料で使える便利アプリです。

この「FilmStory」が便利なのは「写真」と「動画」を繋いで、1つの動画ファイルに出来るシンプルなアプリです。使い方は色々あると思いますが、今回は「写真」と「動画」を1つにした動画ファイルを作るのが目的なので、まずはアプリをダウンロードしたら、アプリを立ち上げて、右下の「+」ボタンを押して、作成する動画サイズを指定します。あとは自分の写真フォルダーから写真と動画を選択して、保存するだけ!すごい簡単です。

「FilmStory」は無料で利用できるのですが、無料の場合は会社のロゴが動画内に入ってしまいます。もし消したい人は500円ほど課金することで消すことが出来ます。

「FilmStory」(iPhone版) / 「FilmStory」(アンドロイド版)

動画はどんなジャンルでもSNS上では主流になりつつあるからこそ、画像と動画を組み合わせて投稿すること今までよりも多くの人にあなたの投稿が届きますので是非やってみてください。また、「FilmStory」以外にも他のインスタグラム運用の際に使える便利ツールは「作業効率を一気に上げるインスタグラム運用のおすすめ便利アプリ・ツール11選」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

この記事を書いたのは、

1週間でニューヨーカーと結婚したり、急に離婚してニューヨークでホームレスになったりと色々経験済。コロナで事業全滅→新規事業立ち上げ→右肩上がり。NYC在住歴8年目。20代前半からブランディングとマーケティングの仕事をし、2021年現在はインスタ代行業を新たに立ち上げました。詳しい自己紹介はこちら




TOP