ニューヨークを拠点に活動するマーケティング研究チーム | NY City Index

ネットで掲載されている「インスタグラムのフォロワーの集め方」が危険すぎる2つの理由

2021年1月19日

企業が片手間でインスタグラムを運用するとなるべく楽をして結果を求めるためにインターネット上にシェアされている初心者向けのインスタグラムに関する記事が無料でも有料でもシェアされていますが、どう考えてもアウトなマーケティングを普通に薦めている記事が多くてビックリしました。

シェアされている記事の中でも「絶対これは間違っている」と断言できる2種類の間違ったフォロワーとイイネの集め方を紹介します。

特に2つ目のインスタグラム運用に自動ツールを使うのは最悪アカウント永久凍結もありえるのでご注意ください。

英語のハッシュタグを使うのはNG

インスタグラムで集客をする場合メインになるのが「ハッシュタグ」ですが、多くの記事で「英語のハッシュタグを使いましょう」と書いてる記事がありますが、もし日本語圏のみのビジネスをされている方など「日本人」だけをターゲットにフォロワーを増やしたい方は英語のハッシュタグは使わないほうがいいです。

ダメな理由は2つあり、1つ目はインスタグラムを運営する目的は「未来のお客様になるフォロワー」を集めるためであって、フォロワー数を稼ぐことではないのでどれだけフォロワーが増えても結果には繋がらない可能性が圧倒的に高いです。2つ目はハッシュタグの検索結果一覧の上位に表示される場合は「いいね」「コメント」「シェア」「保存」の総合点とフォロワー数を割った数値で決まるのですが、日本語で配信してる場合は「いいね」「コメント」「シェア」「保存」などのアクションをしない外国人が多いので結果ハッシュタグの検索結果一覧に表示される可能性が低くなります。

なので、日本語圏でビジネスをしている場合は集めるべきフォロワー対象は日本語圏の未来のお客様になる層です。

具体的な正しいハッシュタグの使い方は「インスタグラムでフォロワーが確実に増えるハッシュタグの付け方」の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

インスタグラム運用に自動ツールを使うのはダメ

企業がインスタグラムを運用する際にやりがちなのが「自動ツール」を使って「いいね」や「フォロー」や「アンフォロー」を自動でツールを使って作業するサービスを利用する人がいますが、自動ツールによる運用はインスタグラムでは禁止されています。詳しくは利用規約に記載があるので読んでください。

もし自動ツールを使ってしまう場合、数回警告文が表示されアカウントが一時的に凍結され、最終的にはアカウントが永久凍結されてしまいます。

また実績などで「凍結しません!安全です!」とうたっているサービスもありますが、世界の優秀なエンジニアが働いてるインスタグラム社よりも賢いエンジニアが作ってる自動ツールは今の所どこにもありません。日本だと「LIM」という元Googleで働いていたと嘘をついていた自動ツールを提供していた会社がありましたが、あれは実際は人的作業でイイネ周りをしていたことは有名です。ほぼ100%結果も出なければアカウント凍結の危険もあるので絶対自動ツールは使わないでください。

まとめ

楽して結果が出るインスタグラムを運営したい気持ちは誰もが持っていますが、現状では簡単にフォロワーを集めたり、イイネを集めたりなどの行為はアカウント永久凍結や一時凍結などの危険な行為になります。特に一時凍結を何度もやってしまうと自動的にアカウントが永久凍結されます。

地道な作業かもしれませんが1番効率良くフォロワーを稼ぐなら「企業がビジネスとしてインスタグラムを活用するための「インスタの使い方」」で紹介した「情報映え」を中心にしたインスタグラム運用をするのが1番短期間で最大値の効果を得ることが出来ます。是非参考にしてください。

この記事を書いたのは、

2013年にニューヨークに移住し、起業。ニューヨーク観光や海外ファッション関連のブログで収益を上げるWebメディアを運営しながらアフィリエイトブロガーとして8年活動したのち、今現在はメディアで学んだ読者が求めるコンテンツを作る「情報映えコンテンツ」を軸にしたマーケティングのお仕事を行なっています。




TOP