ニューヨークにあるWebコンテンツ制作会社

僕がインスタグラムでフォロワーさんと関係構築をするために仕掛けた3つの仕掛け

2020年7月13日

どうも、ニューヨーク在住の小さなニューヨーカーことKei(@nycityindex)です。

コロナウイルスがきっかけでインスタグラムを始めた企業さんや個人の方も多いと思いまうが、数ヶ月インスタグラムを運営して多くの人が遭遇する壁の1つに「フォロワーとの距離感の縮め方」があります。

この「フォロワーとの距離感の縮め方」を意識しないまま運営するとよく存在するフォロワー数が多いのにコメントがゼロだったり、イイネ数が少ない「ゴーストアカウント」になってしまいますので、ご注意ください。

インスタグラムを色々見てると企業系のアカウントにこの現象は見られやすいですが、個人でも知り合いではなく赤の他人へマーケティングする場合でも同じ現象で苦しんでいる人は多いです。僕自身インスタグラムは1万人フォロワーが去年からいましたが、「フォロワーとの距離感の縮め方」がわからないで彷徨っていた元ゴーストアカウントでした。そんな僕がフォロワーとの関係構築をするために投稿にコメントをしてもらう仕組みを考えて、取り入れてからフォロワーとの関係を構築できるようになってきました。

この記事ではインスタで僕がフォロワーとの関係構築をするために投稿に仕掛けたコメントをしてもらう仕組みを紹介します。

フォロワーさんが参加できる内容の投稿にする

僕がフォロワーとの関係構築をするために投稿に仕掛けたコメントをしてもらう仕組みは、例えばニューヨークを例にすると「街中を流し撮りした映像が中心の投稿」と「ニューヨークの美味しいスイーツの投稿」だと2つとも「ニューヨークの街並み」「ニューヨークで流行のスイーツ」とバズりそうな要素はありますが、ニューヨーク好きだからといってニューヨークの関係のものならなんでも反応するわけではありません。

どんなキーワードでも実際に会ったことない人にコメントを貰うってハードルが高いです。

  • 1:目に止まる写真を1枚目に持ってきているか
  • 2:食べたことある人がコメントしやすい環境があるか
  • 3:食べたことない人がコメントしやすい環境があるか

「じゃあ、どうすればコメントをもらいやすくなる投稿に出来るのか?」それはフォロワーも参加できる形の投稿内容に変えることです。例えばわかりやすいように僕の場合に置き換えて紹介します。これはどんなジャンルの投稿にも共通しているポイントなので、必ず抑えましょう。

1:目に止まる写真を1枚目に持ってきているか

インスタグラムの投稿内容が表示されるウォール部分にはフォロワー全体の7-14%の情報しか表示されないアルコリズムになっており、多くのフォロワーのウォールに表示させるためには「イイネ」や「コメント」などフォロワーとの何かしらのアクションが多ければ多いだけ表示されやすくなるシステムになっています。(アクション内容によって優先されるポイント数が異なります)

そして、このアクションの行為の中に含まれているポイントの高いアクションの1つに「滞在時間」があります。

「イイネ」や「コメント」などをしなくても投稿に立ち止まり、写真を見たり、本文を読んだりと「立ち止まる行為」も表示率を決める項目に含まれます。なので、まずは「立ち止まって貰うきっかけ」を作るためにも始めに目に止まる1枚目の写真はインパクトがある写真を選ぶ必要があります。

例えばニューヨークのコーヒーに関する投稿をするなら遠くにポツンと見える写真ではなく、コーヒーブランドがはっきりわかる写真を使うなどの意識からスタートすると運営している間に「バズる写真」の共通点が見つかります。

2:食べたことある人がコメントしやすい環境があるか

インスタグラムで食べ物関連の投稿を見ていて「あー、私も食べたことある」って思ったことはないですか?今までもテレビや雑誌などでも同じような経験をしたことがあると思いますが、インスタグラムはテレビや雑誌みたいに「感じるだけ」ではなく、と直接投稿者の人にフォロワーの人が「コメント」をすることが出来ます。

この人間なら誰もが感じる感覚をコメントをしてもらう仕組みをインスタグラムに取り入れることが大切です。

コメントをして貰うには色々な方法がありますが、一番効果的だったのは投稿画像を複数枚選択し、最後に画像内に「食べたことある人は感想をコメントをください!」と言う内容の画像を差し込むことでした。理由はインスタグラムは「画像や動画を楽しむSNS」なので、多くの人が本文より先に写真を見る習慣が付いています。なので、本文に入れ込むよりも1枚の画像で見せる方がフォロワーの人たちにお願いが届きやすくなります。

この「食べたことある人は気軽に感想をコメントしていい環境」があることをフォロワーが感じていることが距離感を縮める上で大切です。

3:食べたことない人がコメントしやすい環境があるか

最後に大切なのが「食べたことない人がコメントしやすい環境」を作ることです。実際にニューヨークのスイーツを投稿しても「食べたことある人」より「食べたことないけど食べてみたい人」の方が圧倒的に多いので、彼らをアクティブにする投稿をしないと運営しているアカウント全体が盛り上げるのは難しいです。

そこで僕が取り入れたのが「食べたことないけど食べてみたい人」だけが使える魔法の言葉を用意しました。

魔法の言葉は簡単で、「Yum(美味しそう)」と言うコメントを残すように先ほどの感想コメントをお願いする画像内に入れました。これは反応した人に対して、共通の定型文を用意することでコメントをしやすい環境を作って、「フォロワーの人にコメントをする習慣」を狙った投稿です。もしこれがうまくいけば食べに行ったことある場所に対してはもちろんですが、食べに行ったことがない場所でも気軽にコメントをしてもらえるようになります。

1つの投稿に対してコメントが増えるが増えるとどうなるのか?先ほども書いたようにフォロワーの関係が近くなればなるほどウォールに表示される回数が自動的に増え、フォロワーとの関係づくりが簡単になります。

これら3つの「コメントをもらう仕掛け」を作ることで今までコメントをしなかった隠れていたフォロワーを見つけることが出来たり、インスタライブなどで彼らとコミュニケーションを取ることが増えました。

イイネをもらうことばかりに気にする人が多いですが、イイネには相手の投稿を確認しないで関係性を保つためだけにする「ビジネスイイネ」やbotなどのツールを使って自動でイイネを押すシステムなどもあるのでイイネからフォロワーとの関係度を指標にするのが難しいですが、コメントなら簡単です。そのことからもインスタグラム内での評価もコメントの方が高いです。

インスタグラムをビジネスで活用しようと思うと「フォロワーとの距離感の縮め方」に悩む人がほとんどですが、そんな時はフォロワーにイイネをもらう仕組みを作るのではなく、この記事で紹介したようなフォロワーにコメントをもらう仕組みを作って「ゴーストアカウント」から脱出しましょう!



弊社が運営するFacebookファンページ「【マーケットの種】研究所」


弊社が運営するFacebookファンページを活用した無料オンラインスクール「マーケットの種の見つけ方」は総合計5万フォロワー以上を抱えるまでに至った経験を誰でも再現できる状態に落とした「フォロワーを1万人以上集めるSNS基礎知識」を6ヶ月でオンラインで学べる無料オンラインスクールです。この無料オンラインスクールを作った理由は「オンラインスクール「マーケットの種の見つけ方」について」をご確認ください。

このFacebookファンページでは最新のアイディア作りや情報映えSNS運営に関する最新情報配信(毎日)と週に2回Facebook上で無料ライブオンライン授業(ライブ配信)を通じて1人で勉強するスタイルになり、このFacebookファンページでシェアされている情報の基本的な基礎知識は「教材資料一覧」で紹介しています。この「教材資料一覧」を必ず目を通してからFacebookファンページにご参加ください。

また、「アイディア作りとかしたことないから不安」と言う方もいるかもしれませんが、アイディアの作り方は小学校で勉強を学んだように「アイディアを作る基本の型」が存在します。弊社ではオンラインスクールの勉強にしっかりついてきてもらうために参加前に「アイディアを作る基本の型」と「アイディアをSNSでお金に変える運営術の基本の型」を学ぶことができる教材を無料で「教材資料一覧」で提供していますので参考にしてください。


無料オンラインスクール「マーケットの種の見つけ方」の3つの教育方法

この「マーケットの種の見つけ方」の無料オンラインスクールは基本「Facebookファンページ」を利用しているため、コミュニティーに参加される場合はFacebookアカウントが必須になります。また、先ほども書きましたが、このFacebookファンページは最新のアイディア作りや情報映えSNS運営に関する最新情報配信(毎日)と週に2回Facebook上で無料ライブオンライン授業(ライブ配信)を配信する授業するスタイルになるため、このFacebookファンページに参加される前に「教材資料一覧」にて授業に参加する上での基礎知識を必ず読んでください。この基礎内容が理解さしていないとオンライン授業の内容が理解できない場合があります。

また、毎週配信しているライブ配信では「フォロワーを1万人以上集めるSNS基礎知識」として必要な「アイディア作り」または「SNS運営方法」に関係する記事内容を初心者の人でもわかりやすくライブ配信で解説し、このライブ配信とは別に毎週1回「プロのブレインストーミングライブ配信」を配信します。このライブ配信動画はFacebookファンページにもシェアしますが、数日で削除させていただきます。もしアーカイブが見たい方は「有料オンラインサービス」にて閲覧が可能ですので、そちらをご確認ください。

Facebookファンページでの更新内容としては毎日弊社代表のKeiが毎週1回更新している「フォロワーを1万人以上集めるSNS基礎知識」として必要な「アイディア作り」または「SNS運営方法」に関係する記事内容を初心者の人でもわかりやすくライブ配信で解説し、このライブ配信とは別に毎週1回「プロのブレインストーミングライブ配信」を配信します。このライブ配信動画はFacebookファンページにもシェアしますが、数日で削除させていただきます。もしアーカイブが見たい方は「有料オンラインサービス」にて閲覧が可能ですので、そちらをご確認ください。

また、弊社が開催しているセミナーで優先予約または割引が出来る場合に限り、優先的にご招待します。セミナーに関する詳細はFacebookファンページにて紹介しますので、ご参加して、チェックしてください。

  • 1:ゼロから学べる教材あり
  • 2:基礎スキル習得に必要な情報紹介(毎日配信)
  • 3:無料オンライン配信Liveあり(毎週配信)
  • 3:セミナー優先予約&割引あり

詳細を読む


トップへ戻る

【取引先一覧】クライアントの声