ニューヨークにあるWebコンテンツ制作会社

初心者でも作れる!ゼロからフォロワーの心に刺さる「バズツイート」の作り方

2020年7月13日

どうも、ロックダウンの影響でSNSを触る時間が22%増えたニューヨーク在住のKei(@nycityndex)です。

今回ロックダウン中はTwitterとInstagramを中心に「どうやったらバズるのか?」を研究しました。なんでいつもよりも長い時間SNSを触っていたかというとコロナウイルスの影響でSNSに力を入れる企業が増えてきたので、彼らにわかりやすく「なぜバズが生まれるのか?」を第三者でも理解できるように説明するために色々研究しました。

その中で今回はtwitterになるのですが、僕が実際にやっている論理的に作るフォロワーの心に刺さる「バズツイート」の作り方を4つのポイントを説明したいと思います。

フォロワーの心に刺さる「バズツイート」の作り方

ポストコロナの時代はさらに「格差」が広がる。(結論)だって、世の中の仕組みが変わり、仕事も大きく変わってしまうのに何も変わらない「旧式の人間」には仕事はこないし、世間の需要も旧式の多くの仕事は消える。(理由)実際にもう「格差」は始まって、ロックダウンから新しい時代に合わせた準備をしている人もいるし、ゲームばかりして準備をしてない人もいる中でポストコロナの時代は来てしまった。だけど、今からだよ…本当の意味で目に見える「格差」が始まるのは…(結論)

バズツイートといっても複数ありますが、今回は論理的に作るフォロワーの心に刺さる「バズツイート」の作り方について話します。共感系のバズツイートを作る上で大切なのは「言語化したかったけど出来なかった」と思わせることです。あなたも頭の中にあることをツイートしたい時に言語化できなかったら、言語化されているツイートに対して反応しませんか?

このフォロワーの心に刺さる「バズツイート」の作り方で大切なのは「共感」を軸に作ることです。「わかる、わかる」言わせたもの勝ちです。

そして、バズツイートを作る上では「テーマ」、「結論」、「理由」、「結論(大声)」の4つのポイントを押さえることが大切で、この4つがうまく入るとバズツイートが生まれます。上にあるサンプルのツイートを例に話します。

「テーマ」を作る

まず「テーマ」からですが、twitterは140文字しか文字数が入らないのでテーマは1つだけに絞りましょう。よくこのテーマ部分を複数入れる人がいますが、バズツイートを作る場合は1つのテーマを深掘りできるツイートの方が何を話しているのかわかりやすいためバズツイートになる可能性が高いです。

次に大切なのがそのテーマの中にいる「ターゲットの人数」です。バズツイートは一定の人数のターゲットがいるから生まれるものなので、あまり狭すぎるとフォロワーが既にいる人は可能性がありますが、ある一定のターゲットがいるカテゴリならフォロワーが少ない人でも特定のターゲットへの「共感」を狙ったツイートからバズが生まれることは良くあります。

ツイートがバズり始める初動が遅いorない可能性もあるので、ある一定量の人数がいるテーマを狙いましょう。

僕の上のツイートの場合だと「ポストコロナでの格差」をテーマにしました。実際にポストコロナの世界では多くの仕事が強制的に変えられるので今準備してる人としてない人では焦りが違います。なんで焦るのか?ポストコロナの準備をしてなかったからです。これに共感するのはアンテナの高い人たち(準備をする人たち)なので、彼らに「わかる、わかる」と思ってもらうツイートを考えました。

「結論」を作る

まず基本的なバズツイートの形は頭から「結論」を持ってきます。

なぜ頭に結論を持ってくるのがいいかというと、これはブログと同じで始めの数行を読んで面白くなかったら離脱するようにツイッターも最初の1行が面白くなかったらスルーされる可能性が高く、それを阻止するために始めの1行で「共感」もしくは「興味」を持つような仕組みを作ります。もしくは「僕のこと言ってるのかな?」と思うような「フック」を入れるのも読ませるのには効果的。

大切なのは一瞬で「自分のこと?」として共感してもらう入りを作ることです。

「理由」を作る

次に「理由」を書くのですが、まず理由を書くときは対比を使うと自分がどっちなのか選択ができます。例えば今回だと「準備をした人」と「準備をしてない人」を対比させることで、どっち側の意見を言っているのかを明確化させ、片方の意見が正しい理由を書きます。実際に今回のコロナウイルスで僕たちの生活は大きく変わってしまった事実がある中で、何も準備してない人の選択を正しいとは100%言えないので準備してない人を否定する理由は多くの人が理解できます。

このように多くの人が共感できる理由を取り込むことが大切です。

「結論」をもう一度強く言う

ツイートのテーマも構成もいいのにバズらない人の多くが「最後に結論を強くもう一度言ってない」ことが多いです。

「理由」の部分はどちらかと言うと共感させるための証拠を書いている感じですが、これってスーパーの試食コーナーで「このお肉は〇〇産のお肉で、高級和牛の〇〇とほぼ同じ〜」みたいな売り込む理由を話しても最後に「こんなに素敵なお肉が半額!家で食べてみませんか?」と一声かけたほうが売れますよね?例のツイートを使ってもう少し深く話すと「格差社会が起こる!」と結論を簡単に言って、最後に格差社会が起こる結論を重く言うようにしています。この記事で紹介した4つのポイントはマーケティングの基本で、これはツイートにも同じことが言えます。

まとめるとバズツイートを作る上で大切なのはまずは140文字で伝える「テーマ」を決める。次にツイートしたいテーマの結論が何を言いたいのか書き出す。その時に「入りの軽い結論」と「シメの深い結論」の2つを準備すると楽で、あとは理由をその結論が来る理由を事実ベースから作り込めば完成!是非今からTwitter極めようと思ってる人はこの記事を参考にバズツイートを作ってみてください!



弊社が運営するFacebookファンページ「【マーケットの種】研究所」


弊社が運営するFacebookファンページを活用した無料オンラインスクール「マーケットの種の見つけ方」は総合計5万フォロワー以上を抱えるまでに至った経験を誰でも再現できる状態に落とした「フォロワーを1万人以上集めるSNS基礎知識」を6ヶ月でオンラインで学べる無料オンラインスクールです。この無料オンラインスクールを作った理由は「オンラインスクール「マーケットの種の見つけ方」について」をご確認ください。

このFacebookファンページでは最新のアイディア作りや情報映えSNS運営に関する最新情報配信(毎日)と週に2回Facebook上で無料ライブオンライン授業(ライブ配信)を通じて1人で勉強するスタイルになり、このFacebookファンページでシェアされている情報の基本的な基礎知識は「教材資料一覧」で紹介しています。この「教材資料一覧」を必ず目を通してからFacebookファンページにご参加ください。

また、「アイディア作りとかしたことないから不安」と言う方もいるかもしれませんが、アイディアの作り方は小学校で勉強を学んだように「アイディアを作る基本の型」が存在します。弊社ではオンラインスクールの勉強にしっかりついてきてもらうために参加前に「アイディアを作る基本の型」と「アイディアをSNSでお金に変える運営術の基本の型」を学ぶことができる教材を無料で「教材資料一覧」で提供していますので参考にしてください。


無料オンラインスクール「マーケットの種の見つけ方」の3つの教育方法

この「マーケットの種の見つけ方」の無料オンラインスクールは基本「Facebookファンページ」を利用しているため、コミュニティーに参加される場合はFacebookアカウントが必須になります。また、先ほども書きましたが、このFacebookファンページは最新のアイディア作りや情報映えSNS運営に関する最新情報配信(毎日)と週に2回Facebook上で無料ライブオンライン授業(ライブ配信)を配信する授業するスタイルになるため、このFacebookファンページに参加される前に「教材資料一覧」にて授業に参加する上での基礎知識を必ず読んでください。この基礎内容が理解さしていないとオンライン授業の内容が理解できない場合があります。

また、毎週配信しているライブ配信では「フォロワーを1万人以上集めるSNS基礎知識」として必要な「アイディア作り」または「SNS運営方法」に関係する記事内容を初心者の人でもわかりやすくライブ配信で解説し、このライブ配信とは別に毎週1回「プロのブレインストーミングライブ配信」を配信します。このライブ配信動画はFacebookファンページにもシェアしますが、数日で削除させていただきます。もしアーカイブが見たい方は「有料オンラインサービス」にて閲覧が可能ですので、そちらをご確認ください。

Facebookファンページでの更新内容としては毎日弊社代表のKeiが毎週1回更新している「フォロワーを1万人以上集めるSNS基礎知識」として必要な「アイディア作り」または「SNS運営方法」に関係する記事内容を初心者の人でもわかりやすくライブ配信で解説し、このライブ配信とは別に毎週1回「プロのブレインストーミングライブ配信」を配信します。このライブ配信動画はFacebookファンページにもシェアしますが、数日で削除させていただきます。もしアーカイブが見たい方は「有料オンラインサービス」にて閲覧が可能ですので、そちらをご確認ください。

また、弊社が開催しているセミナーで優先予約または割引が出来る場合に限り、優先的にご招待します。セミナーに関する詳細はFacebookファンページにて紹介しますので、ご参加して、チェックしてください。

  • 1:ゼロから学べる教材あり
  • 2:基礎スキル習得に必要な情報紹介(毎日配信)
  • 3:無料オンライン配信Liveあり(毎週配信)
  • 3:セミナー優先予約&割引あり

詳細を読む


トップへ戻る

【取引先一覧】クライアントの声